CG散歩「北の風の記憶」 創成川


1866年に幕府の役人・大友亀太郎が札幌村を開く際に開削した用水路・大友堀が前身の創成川は、鴨々大水閘と2か所の水門を設けて船が航行できるよう広げられ、札幌に鉄道が通るまで、水運の要として利用された。
文、写真=サッポロシティフォーカス/詩朶容子 PIANO=てらかど りゅうじ CG、編集=中野正一
祖母・母・娘が札幌と滝川を舞台に、時空を超えて織りなす不思議な物語
{デジタル小説}「DIARY」 時空を超えてもご覧ください。
copyright@2013 Biplane Corp.All Right Reserved.