講談社週刊世界百不思議再現劇場/卑弥呼、鬼道を用い、邪馬台国の民を治める。                                               

卑弥呼の時代、247年3月24日と248年9月5日の2回、北部九州で皆既日食がおきた可能性があることが天文学上の計算より明らかになっており、記紀神話に見る天岩戸にアマテラスが隠れたという話があるが、日本の史書で卑弥呼に匹敵する人物は天照大神(アマテラスオオカミ)しかないとする説がある。