講談社週刊世界百不思議再現劇場/竜が守護する江戸城よ、永遠に                                                        
江戸城は、陰陽道や風水学に通じていた大田道灌が選び抜いた場所に1457年に築城。川があるとよい東の青龍に利根川、江戸川。大平原や海があるとよい南の朱雀に東京湾。大きな道があるとよい西の白虎に東海道。さらに秩父山系と富士山からの龍脈が流れ込む最高の土地である。後に上杉氏、ついで北条氏、豊臣秀吉が所有。徳川家康が江戸を開府して江戸城の拡張工事に着手。完成は、家康の孫・徳川家光の代だった。以降、江戸は大都市へと発展した。