講談社週刊世界百不思議再現劇場/「パオーン!」草原にマンモスの悲鳴が響く                                                   

マンモスは、およそ1万3千年前を境に絶滅している。その原因として、4万1千年前の超新星爆発によって、1万3千年前にマンモスが絶滅したかもしれない。研究グループによれば、超新星爆発で吹き飛ばされたちりが、集まってかたまりとなり、太陽系に隕石の雨を降らせた。この頃のマンモスの牙のうち3つに、アポロ計画で月から持ち帰られた岩石の組成ともよく似ている金属粒子による小さな穴が見つかった。 マンモスの牙は非常に固く、時速1000キロメートルの弾丸でも穴を開けられないという。