講談社週刊世界百不思議再現劇場/奇跡の太陽ダンス                                                                 
3人の牧童が聖母マリアを目撃して以来、1917年10月13日、ポルトガルの寒村ファティマに一目見ようと集合した10万人近い人々の頭上で、突然雨が降り降り止み、雲が四散を始め、太陽が回転し、飛びまわり目撃者の濡れた衣服が乾くほど接近してきた。3人には様々なお告げと3つの予言を託した。1つは当時真っ只中だった第一次世界大戦の終結。2つ目は第二次世界大戦の勃発で、3つ目はいまだ非公開になっている。 現在その場所には、お告げによりファティマ大聖堂が建っている。