講談社週刊世界百不思議再現劇場/恐竜を突如襲った巨大隕石                                                           

恐竜は約6500万年前に突如として絶滅してしまった。定説としてはメキシコのユカタン半島に小惑星衝突。この衝突が恐竜の絶滅の原因の一つと考えられている。衝突した小惑星の大きさは、直径約10km程度で、 クレーターの直径は約300km、中央のドームは約180km、地下約1000mに埋没している。地球に衝突した際に発生した火災と衝突時に巻き上げられた塵埃が太陽の光を遮ることで、全地球規模の気温低下を引き起こし、全ての生物種の70%が絶滅したと考えられている。