講談社週刊世界百不思議再現劇場/日本人の先祖?縄文人の暮らし                                                        
B.C.1万6000年前。縄文時代の始まりといわれているこの頃、急激な気候変動が起こり、地球は温暖化へと向かっていった。厳しい寒さから開放された人々は鮭を求めて川に行ったり、鹿を射るため山に入ったりして各地を転々としながら暮らし、やがてこの時代を特徴づける土器を作り始めることになる。小規模な集落を作り、魚を釣り、木の実を食べて暮らす日々は、のどかで平和なものだったのかもしれない。