講談社週刊世界百不思議再現劇場/初夢は七福神の船上パーティー!                                                      
江戸時代から正月に枕の下に、「七福神の乗った宝船の絵」を入れておくと、良い初夢が見られると言われる。宝船に乗っている七福神は毘沙門天・弁才天(インドのヒンドゥー教)、布袋(唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧)、福禄寿・寿老人(道教の宋の道士または、道教の神)、恵比寿(古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす)、大黒天(インドのヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の大国主命の習合)が入り混じって形成された。 
,