講談社週刊世界百不思議再現劇場/忘れ去られた巨大遺跡。アンコールワット発見!                                  
まだ未開の地であったインドシナの調査と昆虫採集などを兼ねて、このカンボジアにたどり着いたアンリムオは、次々と目もくらむような遺跡を発見し、我を忘れて写生し、その写生で、ヨーロッパやアメリカにこの遺跡群を紹介した。その報告記が当事のフランスの旅行新聞で取り上げられて話題を呼び、彼の後に入植した植民地軍人や研究者にも大きな影響を与えている。1992年にはアンコール遺跡として世界遺産に登録され、1993年にはこの寺院の祠堂を描いたカンボジア国旗が制定された。